退去時の原状回復費用について。大家さんの悩みですね。






 

 

基本的に、僕は、管理会社にまかせっぱなし状態の
サラリーマン大家さんなので、管理会社のいいなりです。
良くも悪くも。

 

入居者の募集もそうですが、退去時の原状回復もそうです。

 

3ヶ月ぐらい前かな?
1部屋、退去があり、原状回復をしました。

 

まあ、4年ぐらい住んでくれたんで、まあ、ヨシとしましょう。

 

でも、原状回復って、どこからどこまで大家さん負担で
どのぐらいまで請求できるものなのでしょう?

 

 

結構、基本的なことなのですが、あまりハッキリ答えられません。

 

なので、調査をしてみることにしました。

 

 


うつ病大家のFX日記地味にやっています。
「うつ病大家ツイッター」フォローお願いします!
「うつ病大家フェイスブック」いいね!お願いします!



 

 

実は、退去時の原状回復ってトラブルが結構あるみたいです。

 

 

入居中は、それこそ、お風呂が壊れた、エアコンが壊れたなどなければ
あまり何も言われません。

 

ただし、退去時は別の話です。

 

案外、ゴミを捨てていかれたり、壁紙が剥がれていたり・・・
色々とあります。

 

 

通常使用による劣化であれば大家さん負担
通常使用を超える汚れや破損の場合は入居者

 

と言うのが基本なのですが、これが揉める原因になります。

 

 

「これは通常使用?」
「これは通常使用を超えている?」

その判断基準で揉める場合が多いようですね。

 

 

国土交通省から
「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン( 再改訂版 )」
と言うのが発行されています。
そこに、様々な事例が記載されているらしいので、それを参考にすると
基準が見えてくるかもしれません。

 

 

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン( 再改訂版 )」はこちら。

 

 

とは言えわかりにくいですよね。

 

なので、例えば、こう言うのは、どっちが負担するのか?
と言う簡単な例を記載しておきたいと思います。

 

 

・お風呂
古くなった給湯器を、壊れてはいないが次の入居者確保のために交換→大家さん負担
空焚きしてしまって壊れたお風呂→入居者負担

 

 

・キッチン
冷蔵庫の後部壁面の黒ずみ→大家さん負担
酷い台所の油汚れ(手入れが悪く油汚れが酷い場合など)→入居者負担

 

 

・床
家具の設置による床のへこみや設置跡→大家さん負担
飲み物等をこぼしたことによるシミ・カビ(手入れ不足)→入居者負担

 

 

・壁
・日焼け等でのクロスの変色→大家さん負担
・画鋲やピン等の穴(下地ボードの張り替えは不要な程度)→大家さん負担
・結露を放置したことで拡大したカビ、シミ(手入れ不足による)→入居者負担
・クギ穴・ネジ穴(下地ボードの張り替えが必要な程度)→入居者負担

 

 

うーん。

 

これでも判断が難しい部分が多々ある感じがしますね。

 

 




 

 

なかなか判断が難しい退去時の大家さん負担の費用。

 

なんか、事例を見ても
「結局、揉める時は揉めるんじゃないのか?」
と言う気がしてきました。

 

事例はあくまで事例としてみて
最悪、揉めるのは覚悟の上で賃貸しないとダメかもしれませんね。

 

 


不動産投資の王道を学ぶならこれ!
ゼロから始める目からウロコの不動産投資セミナー


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校




備えあれば憂いなし!将来に向けた資産運用を考えませんか?

マンション投資の資料一括請求!【無料】

自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologie】







4 Trackbacks / Pingbacks

  1. essayforme
  2. Cialis online
  3. Buy cialis online
  4. Generic cialis

Comments are closed.