紅茶は、うつ病に良い飲み物?うつ病治療の効果は?

クレジットカードを作ってお小遣い稼ぎ!
クレジットカードを作るだけでポイント貰えちゃいます






 

 

うつ状態が続く時、僕もそうですが、ちょっとでも症状を和らげたい・・・
という事で、何か効果のある事はないか?を探します。

 

ストレッチをする。
外の空気を吸いに行く

 

などが、基本的にやっていたことなのですが

 

紅茶もうつ病に良いと言う話が出ています。

 

それを僕なりに書いてみたいと思います。

 

 


「うつ病大家ツイッター」フォローお願いします!
「うつ病大家フェイスブック」いいね!お願いします!



 

 

うつ病の症状が出ている時は、体がだるかったり、胸がザワザワしたり、落ち着かなかったり・・・
します。

 

そこで、リラックスするのに紅茶が良いと言う話です。

 

 

・紅茶を飲む=リラックスする
うつ病は、とにかく体を休めることが大事です。

 

とは言え、休めるって非常に難しいことだと思います。
その方法の1つとして、紅茶を飲むと言う行為による、リラックス効果が良いんだと思います。

 

実際に、リラックス効果をもたらす成分も入っているようです。
・テアニン(アミノ酸の一種)
・タンニン(ポリフェノールの一種)

 

これらは心を穏やかにしてくれる作用があるようです。

 

 

・うつ病の時に紅茶は控えるべき
とは言え、上記に書いたのとは、いきなりの反対意見を書きます。

 

紅茶に含まれるカフェインによる覚醒効果
が良くない。

 

と言う意見があります。

 

 

確かに、カフェインを飲みすぎると良くないという話はよく耳にします。

 

 

カフェインが含まれる飲み物の代表はコーヒーです。
他にも紅茶や緑茶にもカフェインは含まれます。

 

 

一般的に
コーヒー
紅茶
緑茶

の順でカフェインが多く含まれているようです。

 

 

一般的にも知られている通り、カフェインには、興奮、覚醒させる作用があります。
「寝る前にコーヒーは飲むな!」
と言うのは、これが理由です。

 

眠れなくなる人は本当に眠れなくなるようです。

 

 

ただし、じゃあそれがどの程度持続するのか?

 

せいぜい1-2時間らしいです。

 

なので、寝る前に飲むのはやめれば良いんだと思います。

 

 

・じゃあ、毎日紅茶を飲めばいいのか?
決してそ言うわけじゃないと思います。
飲み過ぎはカフェインを取りすぎで逆効果が考えられます、

 

 

ただ
「紅茶を飲む」と言う行為には効果があるかと思います。

 

リラックスできるからです。

 

 

紅茶を飲みながら、ボーッと遠くを眺めてみる
そんな感じで良いんだと思います。

 

 




 

 

なんとなくですが、紅茶を飲むという口実を作ってリラックスをする。
ちょっと、くつろぎたいから、紅茶を飲む。
休憩している感を出すために紅茶を飲む。

 

こう言うのに使うのが良いのではないかと思います。

 

 






6 Trackbacks / Pingbacks

  1. cialis free trial voucher for cialis
  2. walmart cialis
  3. viagra for sale online
  4. cialis without prescription
  5. generic viagra without doctor prescription
  6. buy cialis at walmart

Comments are closed.