うつ病になる原因。遺伝?本当に?






 

 

ふと、コラムを読んでいて、こんなのが出てきました。

 

うつ病を引き起こす原因。
その中に「遺伝」と言うのがありました。

 

うつ病になる原因。遺伝?本当に?

 

 


うつ病大家のFX日記地味にやっています。
「うつ病大家ツイッター」フォローお願いします!
「うつ病大家フェイスブック」いいね!お願いします!



 

 

うつ病を引き起こす原因は、仕事関係や人間関係、性格などが原因だと考えていました。

 

なので、遺伝するものではない!
と勝手に考えていました。

 

親がうつ病になったら、自分もうつ病になる?

 

そんな訳はないだろう。
と決めつけていましたが、そんな事もないようです。

 

 

どうやら、これまでのうつ病と遺伝の研究から考えると
「全く無関係とは言えない」
と言う結果が出ているようです。

 

 

要するに、うつ病の人が家族にいる、またはうつ病経験者がいた場合
そうでない家族と比較してうつ病の発症率が高いと言うデータがあるようです。

 

 

なんと、親子または兄弟姉妹の直系の血縁者がうつ病経験者だと
家族内での発症率は何事もない家に比べて
2~3倍も高い!と言う結果が出ているようです。

 

 

さらには、子供のときに、養子にだされた人の調査結果では
・育ての親がうつ病経験がある場合養子の子がうつ病になる確率
・生みの親がうつ病経験がある場合の実の子供がうつ病になる確率

を比べると
生みの親(要するに血縁関係にある親)が、うつ病の場合の方が
子供がうつ病になる確率が高いようです。

 

 

マジか!?

 

 

そして、双子の場合のうつ病の研究も発表されていました。

 

・二卵性双生児
・一卵性双生児
を比べた際

 

一卵性双生児の方がうつ病発症率は高いらしいです。
しかも、一卵性双生児の場合、片方がうつ病になると
もう片方が発症する確率は30~90%。

 

バラつきはありますが、かなり高いようです。

 

必ずしも遺伝子が、うつ病の原因ってわけではないのでしょうが
ある程度遺伝子との関係はあるんでしょう。

 

 




 

 

これを考えると、うつ病が発症したら、まず、自分の両親に
うつ病の経験がないか?

 

など、自分の状況を相談するのが良いのかもしれません。

 

僕は、自分が休職するまで、両親には話しませんでした
休職が決まった時に、すぐに両親に話をしました。

 

僕の経験ではありますが、確かに、その時に初めて聞いたのですが
母親も、僕ほどは酷くはなかったらしいのですが、心療内科に行って
安定剤、睡眠導入剤をしばらく処方してもらった経験があったようです。

 

 

と言う事は、僕の子供の事も心配になってきました。
将来、大人になってから、僕と同じように苦しむ可能性があるということです。

 

大人になったら、僕の経験を話をしようと思いました。

 

 

とりあえず、今回のでわかったのが

 

うつ病を発症した人は、まずは両親に話してみる

 

って言うのは、解決や、うつ病を回避するキッカケになるかもしれません。

 

 

僕も、両親には言い出せず、黙って過ごしていました。
ただ、思い切って話をしてみると、案外、解決へ向かう可能性もあるのでは?
と思いました。

 

 






16 Trackbacks / Pingbacks

  1. Buy cialis online
  2. Viagra generique
  3. Cialis kaufen
  4. Online viagra
  5. Cialis 20 mg
  6. Cialis 5 mg
  7. Buy viagra
  8. Cialis 20 mg best price
  9. Buy cialis online
  10. Generic cialis
  11. writeessay
  12. Buy cialis
  13. Generic cialis
  14. Cialis 20mg
  15. buy cialis no rx
  16. Generic cialis

Comments are closed.