築古アパートはリスクが低い?と僕は思っています。






 

 

僕は、基本的に、築古のアパートをメインに大家さんをやっています。

 

不動産屋さんによっては
新築の方がいい!築浅に限る!
みたいな不動産屋の方もいらっしゃいますが、僕は築古のアパートに行きました。

 

なぜなら

 

築古アパートはリスクが低い?と僕は思っています。

 

だからです。

 


うつ病大家のFX日記地味にやっています。
「うつ病大家ツイッター」フォローお願いします!
「うつ病大家フェイスブック」いいね!お願いします!



 

 

と、勝手に僕の意見で、築古のアパートのリスクが低いと書きましたが
新築、築浅のアパートの方がいいところもあると思います。

 

・最近の設備、流行りのデザイン、間取りになっている
・集客がよく、空室率が低い傾向にある
・しばらくの間は、修繕費用があまりかからない(10-15年ぐらい)
・耐震性に優れている

 

 

確かに新築には良いことは多いと思います。

 

ただ、その分、お値段はお高め・・・
と言うのはあります。

 

 

また、当然ですが、建設が完了した日から、ちょっとずつ古くなっていきます。

 

すると、家賃の下落も考慮して考えなくてはなりません。

 

 


不動産投資の王道を学ぶならこれ!
ゼロから始める目からウロコの不動産投資セミナー


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校


 

 

それに比べ築古のアパートは、価格も安くなります。
家賃もその分安くなりますが、そもそもの物件購入の際に割安な感じになります。

 

 

新築は、建物の価格が高いです。

 

 

5000万円で物件を購入した際

 

<新築>
土地:2500万円
建物:2500万円

 

 

<築古>
土地:4500万円
建物:500万円

 

 

こんな感じの配分での購入が可能になります。

 

 

築古アパートであれば、数年の運営で、建物代以上の賃料収入をえることで
建物の価値が減少していくと言うリスクがなくなります。

 

 

土地自体も値下がりするリスクはありますが
それは、築古、新築ともに同じ話です。

 

仮に土地代が値下がりしなかったとした場合
築古のアパートの方が、回収が早いと言う事になります。

 

 

そして、建物代さえ回収してしまえば、あとは土地代だけなので
そのタイミングで、土地代で売却をしても損はしません。

 

「土地は腐らない」

 

とはよく行ったもので、建物には、耐用年数があり
古くなれば価値は下がります。

 

それに比べ、時代によって、確かに土地価格は上がったり下がったりしますが
それでも、着々と下がっていく物件の価値よりも価値はあると考えています。

 

 




 

 

そんな理由で、僕は築古のアパートの方を多く持っています。

 

もちろん、収益も考えてなので、利回りを見ると、築古の方が利回りもいいですしってのはあります。

 

あとは、銀行がいかに、その物件の価値を見てくるか?
と言うのもポイントです。

 

ちゃんと評価が出て、利回りがちゃんと出ている。
もちろん、入居者もちゃんといるのがベストです。

 

考え方ですけどね。
色々とシュミレーションをしてみると良いかと思います。

 

 


備えあれば憂いなし!将来に向けた資産運用を考えませんか?

マンション投資の資料一括請求!【無料】

自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologie】






16 Trackbacks / Pingbacks

  1. Viagra generique
  2. Cialis generic
  3. Cialis online
  4. Cialis generique
  5. Viagra generico online
  6. Generic for cialis
  7. Cialis 20mg
  8. Buy cialis online
  9. Cialis online
  10. essayforme
  11. Buy cialis
  12. Cialis prices
  13. http://cialisonla.com/
  14. Cialis 20 mg
  15. cialis without a doctor 20mg
  16. tadalafil without a doctor prescription

Comments are closed.