「鉄骨造陸屋根」ってなんだ?

クレジットカードを作ってお小遣い稼ぎ!
クレジットカードを作るだけでポイント貰えちゃいます

 






 

ふと、良くしてもらっている不動産屋の方から提案された物件に記載があってわからなかったことがありました。

 

「鉄骨造陸屋根」

 

 

・・・・ってなんだ?

 

 


「うつ病大家ツイッター」フォローお願いします!
「うつ病大家フェイスブック」いいね!お願いします!



 

 

陸屋根の読み方は「りくやね」「ろくやね」?
陸屋根の読み方は古くは「ろくやね」と呼ばれる事が主流だったらしいです。
ただ、現在では「りくやね」「ろくやね」どちらの読み方でも問題はないらしいです。

 

 

ちなみに、広辞苑などの辞書では「陸屋根(りくやね)」と調べると「陸屋根(ろくやね)」の解説へ進むことから
基本的な読み方は「ろくやね」になるみたいですね。

 

 

・陸屋根とは?
陸屋根とは、屋上部分がほぼ平面状になっている屋根の事らしいです。

 

以前は陸屋根構造の建築物と言えば、オフィスビルやマンションなどの中規模以上の鉄骨造陸屋根の建築物や
商業施設、商業ビルなどに使われるのが主流でしたが、現在では、戸建てでも陸屋根構造の建築物が増加していて
陸屋根部分を活用した屋上庭園や太陽光発電用のソーラーパネルを設置したりしているらしいです。

 

 

確かに、屋上で洗濯物を干したり、バーベキューをやったりするのには最適ですよね。
要するに、屋上なんですかね。

 

 

・陸屋根のメリットは?
実はメリットも色々とあるみたいです。
ちょっと調べてみた感じで下記のメリットが出てきました。

 

 

屋上スペースの有効活用
やっぱり屋上スペースの有効活用ができるのは、大きなメリットみたいです。

 

 

アパートなどの集合住宅の場合だと共用スペースになるので、難しいかもしれませんが、ガーデニングや、屋上菜園なんてのもできたらいいですよね。

 

 

戸建て住宅であれば、屋上庭園にしてバーベキューなんてのもオシャレです。
あとは、近年は太陽光パネルでしょう。

 

 

メンテナンスが容易
どうやらメンテナンスが容易らしいです。

 

陸屋根は、他の不陸の屋根と比較すると屋上での作業を行う事が容易なので、足場を設置するなどの手間をかけずに屋根のメンテナンスを行う事が可能だからみたいですね。

 

 

特に、屋上スペースを使えるようにしている場合、そもそも階段などがついているので、点検や整備などのが簡単でコストが下がるらしいです。
たしかに、足場を組まなくていいだけで、随分違いそうな感じがしますね。

 

 

建築スペースを広く確保できる
居住空間が広く確保できるらしいです。

 

 

確かに斜めの屋根より、天井を高くとる事ができるはずなので、天井高が、たった10㎝でも高くなれば、部屋は広く感じますので居住性は良くなりますよね。

 

 




 

 

と言う事で、今回は、僕も知らない事だらけだったので
「なるほど!」
って感じでした。

 

 

太陽光など、上手く使う事を考えると「鉄骨造陸屋根」はメリットになるかもしれませんね。