大家さん業務の実態。サラリーマン大家さんは忙しくなっちゃう?

クレジットカードを作ってお小遣い稼ぎ!
クレジットカードを作るだけでポイント貰えちゃいます






 

 

アパートやマンションの大家さんのイメージといえば
アパートの横や、マンションの最上階に住んで
ゴミ出しや掃除などの建物管理をし
ときには、苦情対応や、家賃滞納の対応をしている・・・
そんなイメージがあると思います。

 

実際に僕の実家はそんな感じでやっています。
両親が、マンション、アパートのゴミ捨て
あまりないですが、苦情が出た時はその対応をしたり
「エアコンが壊れた!」
と言われると、修理を手配したり・・・
とやっています。

 

 

でも、このタイプの大家さんは、古いタイプの大家さんですね。
結構、減ってきたと思います。

 

僕の実家は、ずっとやっているので、それを引き継いでやっている感じです。

 

 

でも、これだとサラリーマン大家さんは結構忙しくなっちゃいます。

 

大家さん業務の実態。サラリーマン大家さんは忙しくなっちゃう?

 

現在、サラリーマン大家さんはどんな感じなのか?
僕の例も踏まえて書いてみようと思います。

 


「うつ病大家ツイッター」フォローお願いします!
「うつ病大家フェイスブック」いいね!お願いします!



 

 

そもそも大家さんの役割ってなんですか?
入居者から家賃をもらいます。
その代わりに入居者が快適に住める住居を保証(提供)する

これが大家さんです。

 

 

これだと、やっぱり、入居者の方から
・エアコンの取り付け
・キッチンの交換
・大きめのバスタブへの交換
・壁紙の張り替え

などのリクエストが来て、それに対応しなきゃいけないんじゃないか?
と思いがちです。

 

 

これ、入居者によっては、リクエストを言われまくったりしたら

大変な事になりますよね。

 

 

それでは、今度は大家さんの「義務」についてです。
大家さんの義務は大きく2つです。

 

建物の管理義務
1つ目は「建物の管理義務」
具体的には
・入居者退去後の清掃
・共用部分の清掃
・消耗品や老朽化した物品の交換
・給排水部分の修繕
・敷地内に放置された粗大ゴミの処分

要するに
「入居者が快適な住環境で過ごせるようにする」
って事ですね。

 

 

入居者への管理義務
2つ目は「入居者への管理義務」
具体的には
・家賃の管理
・賃貸借契約違反をさせない
・入居者同士のトラブルの解決

色々な人が、ある一定のルールの中で住んでいます。

 

入居者のトラブルは、ある時は結構あります。
また、ペット不可の物件で、こっそりペットを飼っていた。
なんてのも結構ありがちです。

 

その他はゴミの出し方が汚いとか、エレベーターの中でタバコを吸った人がいるとか・・・
正直、この辺は、住んでいる人によって異なりますが、多少なりともあります。

 

そのたびに、大家さん稼働です。
家賃の遅延や滞納が一番多いかな?
多少の遅延は、許せますが、滞納は困りますよね。

 

はい。大家さんが稼働です。

 

 

ただし、上記に書いたのは、大家さんのスタイルの選択によって全然変わります。

 

自分で管理業務全般を行うケース場合は
自分で、敷地内の掃除や消耗品の交換を行う必要もありますし
建物の修繕の手配も必要です。

 

また、上記にも書いた、家賃の回収やトラブル対応も必要です。

 

 

近くに住んでいてノンビリと暮らしている人であればできるかと思いますが
普通のサラリーマンはなかなか難しいですね。

 

 

そこで、管理会社に任せるパターンです。

 

僕は、基本的に全部これです。

 

費用はかかりますが先に書いた作業をすべて管理会社がやってくれます。
大家さんは定期的な報告を受けるだけです・

 

 

なので、サラリーマン大家さんは、ほぼ、このスタイルを取っているんじゃないでしょうか?

 

 




 

 

不動産管理のスタイルも随分変わってきています。
なので、不動産投資ってのができるようになってきたんですね。

 

地方物件とか、家から、車で30分かかる物件とか、自分で管理するには限界があります。

 

もちろん、自宅の隣に物件がある等であれば
管理をやってみるのも悪くありません。

 

賃貸経営に実際に触れてノウハウを得るのは、僕は悪くはないと思っています。