もしかしてサラリーマンに向いていないんじゃないのか?






 

 

もともと高校卒業してからすぐ、ベンチャーで自分で会社をやったり
フリーランスでやってきて、30歳を過ぎてから、今の会社に来たので

 

 

サラリーマン不適合者なんじゃないか?

 

 

と思いながら40歳まで過ごしてきました。

 

 

うつ病を発症してからはなおさらそう思いました。

 

 

今回はその気持ち、今の気持ちを書いてみようかと思います。

 

 



 

 

おそらく、うつ病を発症してしまった人でかなりの人は
「自分はサラリーマン不適合者なんじゃないか?」
と思っていると思います。

 

 

僕も、その1人です。

 

 

僕なんか、自分で言うのもなんですが、かなりの重傷w
だと思います。

 

 

だって、そもそも、30歳を過ぎるまで、いわゆる会社で雇われた事ないんですよ?

 

 

自分の会社やフリーランスで自分勝手やって、それで儲かって・・・
(もちろん損した事もたくさんありましたが)

 

少人数や個人でやっている時は、それで成立しましたし
やりたくない事はしない!と言うスタンスで何とかなっていたので
良かったのですが、30歳を過ぎて、縁があり一部上場企業に来てみたら
1000人以上の従業員がいるところに行っちゃったんですよ。

 

 

当然ですが、馴染めるわけがないw

 

 

そして、新卒じゃないから、誰も何も教えてくれないし
もうすでに、自分の中では自分が確立できていると思っているので
そこから抜け出せなくなる。

 

 

会社のルールがバカバカしくなり
「これだから大企業は!」
とか、偉そうな事を言って、自分のやり方を貫いてやっている
(つもり)
でいる。

 

 

そして、なんか噛み合わなくなってダメになる。

 

 

これが僕です。

 

 



 

 

何年も理解するのに時間がかかりましたが
人が増えれば増えるほど、細かくルールが必要なんです。

 

 

会社の規模が大きくなればできる事も増えるんです。
ルールがちゃんとしていないと、収拾がつかなくなるんです。

 

 

大きい会社も小さい会社も、どちらにも良さがあります。
大きい会社には資金力や信用力。
こうやって休職に入っても、復職させてもらえるし、お金も貰えます。

 

 

小さい会社だったら自由にできるし、儲かったら、すぐに、自分に跳ね返ってきます。
もちろん、しくじったら、自分に来ます。
大打撃です。

 

 

どっちが、自分に向いているか?
そして、あなたに向いているか?

 

 

それは、わかりません。

 

 

ただ、僕は
「会社に依存しない。最悪、会社が無くても何とかできる」
この力や考えを持っておく事が必要なんだと思います。